【ミャンマー進出関連法】2019年の法令の動き 第221回

明けましておめでとうございます。今年でミャンマー駐在8年目となりますが、昨年は商標法、著作権法、特許法、意匠法(以下、4つの法律を総称して「知財4法」という)の公布、消費者保護法の公布、保険業の外資参入、振替祝日の導入、民間企業の会計年度の変更、マネーロンダリ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北角さん「健康問題なし」、大使館と電話(04/23)

民主派政府の閣僚、国軍が反逆罪で指名手配(04/23)

22日までの死者、739人で前日と変わらず(04/23)

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

首脳会議へ連携、日インドネシア外相会談(04/23)

米政府、林業・真珠の両公社にも制裁(04/23)

この先半年で340万人が飢餓の恐れ、WFP(04/23)

〔寄り道〕ミャンマーでは、市民がスマートフォンで…(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン