• 印刷する

テイクオフ:シンガポールの年末は、…

シンガポールの年末は、中心部マリーナ・ベイ地区で行われる政府主催の年越しカウントダウンイベントで締めくくられる。2018年、19年とここ2年連続でイベントを実行しているのは日本のエイベックス・エンタテインメントだ。

チケットを購入した観客は2万人。周辺エリアに集まった群衆は50万人近くになったようだ。かくいう当方も周辺エリアで、日本から観光に来た友人はホテルの高層階で、花火をふんだんに使ったショーを観賞した。

今回は初の試みとしてドローン(小型無人機)を使った光のショーもあり、空中に文字やマーライオンが描かれた。思った以上に美しく、途中までは素直に鑑賞していたが、あまりに豪華な演出の連続に、「花火は何千発打ち上げられたのだろうか。シンガポール政府はどれだけ財布のひもを緩めたのだろうか……」と心配が頭をもたげた。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米VC、現地拠点を東南アジア統括に格上げ(09/18)

英国へ渡航時の自主隔離免除、19日から(09/18)

企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視(09/18)

新規感染11人、2日連続10人台(18日)(09/18)

スマート都市ランク、2年連続で世界首位(09/18)

建物管理の技術革新拠点、米社が開設(09/18)

8月輸出、3カ月連続プラス 中国・欧州の都市封鎖解除などで(09/18)

就労ビザ最低月給額、6500Sドルの国も(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン