復星凱特、上海にCAR―T細胞の製造拠点

中国製薬大手の上海復星医薬(集団)と米バイオベンチャーのカイト・ファーマの合弁会社、復星凱特生物科技(上海市)は18日、上海市で最先端のがん治療法「CAR―T(カーティー)細胞療法」に用いられる細胞の製造施設の運営を始めた。試験製造を経て、2020年をめどに製造に乗…

関連国・地域: 中国-上海米国
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(11:44)

テイクオフ:春節(旧正月)を前に、…(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新型肺炎が拡大、発症者440人 13省区市で確認、死者9人に(01/23)

新型肺炎、香港で高度の感染疑い(01/23)

肺炎でマスク需要急増、メーカーは続々増産(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

武漢旅行キャンセル、観光業界は柔軟に対応(01/23)

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン