東南ア、20年は5カ国で成長加速 米中の影響緩和や個人消費堅調で

東南アジア経済は、来年にかけて回復に向かう見込みだ。米中貿易摩擦の影響が和らぐほか、個人消費が堅調に推移することが予想されているためだ。シンガポールの地場大手3行と三菱UFJ銀行の予測によると、2020年の国内総生産(GDP)成長率は、域内主要5カ国で19年より加速…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の文化を考える上で…(10/22)

小売店賃料、7~9月も大幅減 制限緩和で来年初めに底打ちも(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

マスターカード、指紋認証決済カード提供へ(10/22)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(10/22)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(10/22)

遠隔医療の地場企業、メンタルヘルスも対応(10/22)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(10/22)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン