• 印刷する

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…

自宅前で流れてくる歌声に聞き入った。この時期に街中でかかる生歌のクリスマスソングだ。複数人から成るグループの子どもたちは、清潔感のある身なりをしている。熱心に歌ってくれたので、少ないが「心付け」を渡した。

歌など与えるものはなくとも、金を無心せざるを得ない子どもたちもいる。会社近くの大通りの曲がり角で、細いマットを敷いて過ごす家族。子どもが近寄ってきて、「メリークリスマス」と言いながら手を差し出してきた。貧困層は減少傾向にあるが、いまだに数十万人のストリートチルドレンがいるとの試算もある。

クリスマスは神様から祝福される一方で、金銭的報酬が最も見込める時期でもある。言い換えれば、お金を必要としている人に対し、正しく与える精神を持っているかを試される時でもある。1年に1回の行事だ、心は広く持っていたい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン観光で絶対行…(01/22)

セブの経済区で退去問題 空港拡張など影響、懸念強まる(01/22)

タール火山の噴火、避難15万人に(01/22)

下院が補正予算成立を優先、被災地支援で(01/22)

フィリピン外食マックス、ピザチェーン出店(01/22)

比でコロナウイルス検出、武漢から渡航の男児(01/22)

国有地活用の大統領令、閣議で議論へ(01/22)

政府、ユーロ建て国債を再び発行へ(01/22)

フィンマ、バターンのセメント工場稼働(01/22)

米社のマランパヤ資産売却、6月までに完了(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン