• 印刷する

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設

TNBは本土からランカウイ島へ電力を送る海底ケーブルを敷設している(TNB提供)

TNBは本土からランカウイ島へ電力を送る海底ケーブルを敷設している(TNB提供)

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は、マレー半島本土からクダ州のリゾート地ランカウイ島まで全長26.5キロメートルの海底送電線の敷設を進めている。年内に完了し、2020年のマレーシア観光年「ビジット・マレーシア・イヤー(VMY)」での観光客増などによる電力需要の拡大に備える。

TNBのフサイニ・フシン最高電力系統責任者は声明で、132キロボルト(kV)の送電線を本土側のペルリス州クアラペルリス変電所から、ランカウイ島東岸のテルクアパウ変電所まで敷設すると説明。10月に着工し、年内に完了する見込みだ。

同島は、来年のVMYキャンペーンで観光客400万人が訪れる見込みのほか、マレーシアがホスト国となるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で同島は開催地の一つになることから、送電線の敷設で安定的な電力確保を目指す。

フサイニ氏によると、敷設中の送電線には、従来の絶縁油をケーブル内に封入するOFケーブルではなく、架橋ポリエチレンケーブルを採用しており、より高い信頼性や効率が期待できるという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

ペトロナス子会社、海底ポンプを共同開発(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン