ロヒンギャ迫害で初審理、スー・チー氏出廷

【ハーグ共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害は、民族大量虐殺などを罪と定めたジェノサイド条約違反だとして、同国に迫害停止を求める訴訟の初の審理が10日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。ミャンマーのアウン・サン・ス…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

共同声明「一つの中国」支持に台湾反発(17:35)

コールド物流の標準化目指す 日ミャンマーの官民が情報交換(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

民族大量虐殺の意図なし、独立委が最終報告書(01/21)

最低賃金の倍増を、ヤンゴンで1万人がデモ(01/21)

国民は米国より中国との同盟望む=調査(01/21)

ムセの商用車両輸入、10~12月は7800台超(01/21)

YRTA、賃貸事業などの法人税納税の意向(01/21)

ヤンゴン水上バス、船着場建設が急務(01/21)

香港AIA、全額出資の生保事業開始で式典(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン