サイバーセキュリティー団地に52社進出

北京市経済情報局の王剛局長は9日、市内で整備が進む国家サイバーセキュリティー団地の進出企業がこれまでに52社を数え、産業規模が2022年には1,000億元(約1兆5,400億円)、25年には1,700億元に達するとの見通しを明らかにした。新京報(電子版)などが伝えた。 国家サイバーセ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、中国人13人など感染(08/12)

テイクオフ:海外での一人暮らしは悠…(08/12)

中国とのラカイン深海港開発、合弁会社設立(08/12)

ワクチンの最終臨床試験開始 1月にも実用化、2.5億回分生産(08/12)

中国企業の香港重複上場加速 年内最大9社、米中対立激化で(08/12)

7月の新車販売台数16.4%増 4カ月連続プラス、NEVも回復(08/12)

爆発物の管理を強化、工情省が取り締まり(08/12)

フォーチュン500、中国本土117社ランクイン(08/12)

7月の携帯出荷、35%減の2230万台(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン