社会科学院、米中合意の早期成立を訴え

中国政府系シンクタンクの中国社会科学院は9日北京で開いた2020年の「経済青書」発表報告会で、米中貿易戦争などを背景に今年の世界経済が比較的深刻な景気後退局面に入っていると指摘し、米中が貿易協議で互恵・ウィンウィンの合意を成立させる必要性はますます高まっているとの…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(07:46)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(10:36)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(01/24)

新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ(01/24)

企業に出張自粛広がる、新型肺炎(01/24)

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン