地域共同体発電事業、来年に免許交付開始へ

タイのエネルギー省は、地域共同体や政府機関、民間企業が遠隔地において共同で行う再生可能エネルギー発電事業「地域共同体発電事業(エナジー・フォー・オール)」の免許交付を来年に開始する計画だ。10日付バンコクポストなどが報じた。 地域共同体発電事業は、遠隔地の経済振…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:健康診断で運動不足を指…(01/23)

19年の自動車生産は7%減 輸出向け不振、200万台は達成も(01/23)

19年の車輸出7.6%減、7年ぶり110万台割れ(01/23)

車販売プラナコン、ボルボ・三菱自も取扱へ(01/23)

19年輸出額は2.7%減、4年ぶり前年割れ(01/23)

12月の産業景況感91.7、再び下落に転じる(01/23)

南部ソンクラー県でSEZ開発、閣議承認(01/23)

19年の外国人の会社設立、投資額は6割増(01/23)

10輪トラックの首都走行制限、政府が承認(01/23)

コンケンの水上太陽光発電、21年に入札実施(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン