トヨタ、物流拠点を新設 45億ペソ投資、20年に稼働

トヨタ自動車の現地法人フィリピントヨタ自動車(TMP)は10日までに、車両の出荷前点検などを実施する物流センターを新設すると明らかにした。投資額は約45億ペソ(約96億3,700万円)で、2020年中の稼働を目指す。販売台数の増加で既存の物流拠点の処理能力が限界に近づいている…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(19:02)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

外資規制リストの改定、コロナ対応で遅れ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン