海外逃亡の腐敗容疑者、1600人超を連れ戻す

中国共産党中央反腐敗協調小委員会の海外逃亡容疑者摘発部署によると、今年1~10月に関係当局が国内に連れ戻して身柄を拘束した腐敗容疑の海外逃亡者は1,634人で、前年同期比69%増えた。うち共産党員と国家機関の職員(国家公務員)は741人で、前年同期の3倍に急増。この中には…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(07:14)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(07:14)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

春節休暇2月2日まで延長、新型肺炎に対応(01/28)

島津製、比を基板中核拠点に 工場拡張、高齢化など追い風(01/28)

武漢からの渡航者遮断、政府 新型肺炎の感染者を4人確認(01/28)

日本GDP2.4兆円減、野村総研の肺炎影響試算(01/28)

20年は緩やかなルピー高 物価上昇が影響、みずほ銀予想(01/28)

武漢の感染者さらに1千人増も、市長(01/28)

豪州の新ウイルス感染5人に NZでも確認か、対策強化へ(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン