• 印刷する

高雄空港改修、新ターミナルビル建設を検討

台湾の交通部民用航空局(民航局)が計画している高雄国際空港の拡張について、民航局幹部は9日、既存のターミナルビル2棟を取り壊し、新たなターミナルビル1棟を建設する方針を明らかにした。9日付中央通信社が伝えた。

従来は域内線ターミナルビルのみを取り壊し、新たに1棟建設して既存の域内線ターミナルビルと合わせて運用する方針だったが、既存ビルとの接続によるコスト増や技術上の問題から2棟の取り壊しを検討するに至ったという。ビル1棟を新たに建設し、域内線と国際線の共用ターミナルビルとする計画。

総工費は約384億台湾元(約1,360億円)。年内に改築案の評価報告を完成させて、2020年の環境影響評価(環境アセスメント)の開始を目指す。22年に着工し、早ければ30年に完工する見通し。

新たな改築計画に伴い、年間旅客数の目標を35年に延べ1,000万人とする従来から、40年に延べ1,650万人へと改めた。

高雄国際空港の18年の旅客数は延べ698万人で、10年来の最高を更新した。国際線旅客数の過去5年の平均成長率は10%に上る。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

5G競売、1380億元で決着 中華電信が最多の帯域幅獲得(01/17)

群創、転換社債発行で3億米ドル調達(01/17)

養殖漁業の改善計画、4年で100億元投入へ(01/17)

仁宝、澎湖でスマート医療・健康サービス(01/17)

新光三越、19年売上高が初の800億元超え(01/17)

都市地価指数が0.2%上昇、最大は澎湖(01/17)

南港タイヤの世界明珠、170億元分を販売(01/17)

信義のB1―1地区、国美建設が開発権獲得(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン