20年のホテル建設、総額9.8兆ルピアの予測

建設情報サービス会社BCIアジアは、インドネシアで2020年に建設されるホテルの建設事業費が総額9兆8,300億ルピア(約758億1,700万円)に上ると予測している。19年は前年比15%増の10兆6,400億ルピアに達する見通し。20年はこれより減速するものの、東部を中心に進められている…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産サービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(20:37)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(20:39)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(20:39)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(20:39)

国営建設WIKA、上水事業への参入検討(20:39)

テイクオフ:「ついでにチャージしま…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の新車販売台数は11%減 4年ぶり減少、今年は5%増目標(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

新首都に最大4兆円投資か、孫会長提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン