人権法、東南アの香港投資に影響なし=政府

11月にタイとマレーシアを訪問した香港政府の邱騰華(エドワード・ヤウ)商務・経済発展局長はこのほど、米国で成立した「香港人権・民主主義法」について、両国の政府や企業による香港への投資意欲に影響は出ていないとの認識を示した。9日付香港経済日報が伝えた。 同法は、中…

関連国・地域: 中国香港タイマレーシア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:デモが沈静化しても、見…(01/29)

本土からの個人旅行を停止、入境を大幅制限(01/29)

香港政府、湖北省居住者の入境を禁止(01/29)

政府職員、来月2日まで在宅勤務に(01/29)

保険コンボイが連休延長、新型肺炎対策(01/29)

新型肺炎のピーク、4~5月か=香港大院長(01/29)

本土客はまばら、活気消えた春節の繁華街(01/29)

新型肺炎の警戒、最高レベルに=政府(01/29)

マカオ、感染拡大阻止にあの手この手(01/29)

20年成長率、新型肺炎流行ならマイナス4%(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン