人権法、東南アの香港投資に影響なし=政府

11月にタイとマレーシアを訪問した香港政府の邱騰華(エドワード・ヤウ)商務・経済発展局長はこのほど、米国で成立した「香港人権・民主主義法」について、両国の政府や企業による香港への投資意欲に影響は出ていないとの認識を示した。9日付香港経済日報が伝えた。 同法は、中…

関連国・地域: 中国香港タイマレーシア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新たに8人がコロナ感染、累計5087人に(10/01)

新たに10人の感染を確認、累計は5097人(10/01)

パソナ、一括採用管理プラットフォーム開始(10/02)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン