• 印刷する

テイクオフ:取材で釜山を訪れた。仕…

取材で釜山を訪れた。仕事を終えた後のお目当ては、もちろん「テジクッパ(豚の汁飯)」。

テジクッパの専門店は全国至るところにあるが、「釜山テジクッパ」という言葉が生まれるほど、釜山の人々にとって特別な料理となったのはストーリーテリングの力によるものだ。とりわけ朝鮮戦争時に釜山の避難民を通じて本格的に広まったこともあり、時代的・社会的な観点から語られることが多い。韓国を代表する料理漫画「食客」の作家ホ・ヨンマン氏は、テジクッパを「未舗装の道路を疾走する反逆児のような味わい」と紹介している。

ストーリーテリングといえば、韓国映画「弁護人」で主人公を演じるソン・ガンホが釜山の食堂でうまそうにテジクッパを食べるシーンが思い出される。当方も、映画の主人公のようにテジクッパをかきこんだのは言うまでもない。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

テイクオフ:韓国の旧正月には、家族…(01/21)

経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で(01/21)

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

「働く能力あるが働かず」初の200万人超(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

重光武雄氏が死去、ロッテ創業者(01/21)

韓国・カナダFTA、貿易額が年平均1.9%増(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン