• 印刷する

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…

大学生の娘に、手持ちの現金3万ルピアを渡すから、自分の銀行口座に入金してくれと頼まれた。300円足らずの現金、財布に入れておけばいいじゃないか。だが、キャッシュを持ち歩きたくないのだと話す。

小銭を送金するだけで手数料がかかるなら嫌だし、面倒だと抵抗したら、ある地元民間銀行のアプリを使えば、口座間の送金は無料という。互いのスマホでアプリのQRコードを読み込んで、あっという間に送金完了。便利なものだ。

大学の同級生たちも、買い物の支払いにデビットカードや電子決済アプリを使うことがほとんどだとか。3万ルピアくらいの現金であれば、少し前ならくしゃくしゃっと丸めてポケットにしまう、というインドネシア人も多かったのでは。キャッシュレス時代の波がすぐそこに来ていることが、小額紙幣の扱い方からも垣間見える。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(11:59)

国営建設WIKA、上水事業への参入検討(13:06)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(19:58)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(18:44)

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(16:21)

テイクオフ:「ついでにチャージしま…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の新車販売台数は11%減 4年ぶり減少、今年は5%増目標(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

新首都に最大4兆円投資か、孫会長提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン