• 印刷する

上海汽車の新車販売、11月は10%減の58万台

中国自動車最大手の上海汽車集団(上汽集団)が7日発表した11月の新車販売台数(速報値)は、前年同月比9.6%減の58万1,932台だった。15カ月連続で前年同月を割り込み、下げ幅は前月から横ばいだった。1~11月の累計販売台数は前年同期比13.3%減の554万270台だった。

11月単月の主要グループ会社別の販売台数は◇独フォルクスワーゲン(VW)系の上汽大衆汽車:前年同月比4.3%増の20万6,900台◇米ゼネラル・モーターズ(GM)系の上汽通用汽車:34.0%減の11万9,304台◇GM系の上汽通用五菱汽車:11.1%減の16万5台◇自主ブランド乗用車メーカーの上汽集団乗用車:0.8%増の6万3,535台◇自主ブランド商用車メーカーの上汽大通汽車:45.6%増の1万6,289台◇スウェーデンのボルボとの合弁バスメーカー、上海申沃客車:87.4%増の163台◇イタリアのフィアット傘下のイベコと重慶重汽集団との合弁大型トラックメーカー、上汽依維柯紅岩商用車:56.8%増の5,502台◇イベコ系の南京依維柯汽車:1.4%増の2,551台◇タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)と設立したタイの合弁メーカー、SAICモーター・CP(上汽正大):33.7%減の1,958台――。

このほか、今年から上汽集団の販売実績の集計に組み込まれた上汽通用五菱汽車のインドネシア法人、SGMWモーター・インドネシア(上汽通用五菱汽車印尼)は99.9%増の2,553台、上汽集団のインド子会社、MGモーター・インディア(名爵汽車印度)は3,172台をそれぞれ売り上げた。

生産台数は11月単月が1.0%増の60万8,924台、1~11月の累計が12.7%減の554万325台だった。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(19:26)

複合セムコープ、中国での廃水不法投棄で罰金(19:25)

中国新型肺炎の感染初確認、中国人の女性(18:08)

中国との経済回廊を具現化へ 習主席訪問で特区推進など合意(01/20)

テイクオフ:三十数年間ほぼ毎年、春…(01/20)

中国、人口14億人突破(01/20)

19年成長率は6.1%に急減速 前年0.5P下回る、目標は達成(01/20)

鴻海とフィアットがEV合弁へ、中国に照準(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン