トヨタ「ライズ」好調、発売1カ月で目標の8倍

【共同】トヨタ自動車は5日、新型の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ライズ」の受注が、11月5日の発売から1カ月間で、事前受注を含め計約3万2,000台だったと発表した。月間販売目標の4,100台の約8倍で、好調な滑り出しとなった。 力強い外観や車内空間の広さに加え、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日本の投資家、豪州の新規国債を嫌気(16:49)

地場財閥、東京センチュリーの現法株を売却(21:08)

テイクオフ:女性の切ない歌声で目を…(01/22)

日本の輸入車から放射線、原発事故影響とロ税関(01/22)

セブの経済区で退去問題 空港拡張など影響、懸念強まる(01/22)

プロドゥアが設備投資86%増 販売目標は前年並みの24万台(01/22)

新駐日ミャンマー大使、東京で投資呼び掛け(01/22)

ヤマハ発、ベンチャー出資で「協働ロボ」参入(01/22)

20年日系昇給率は6.6%予測 19年実績より低下=NNA調査(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン