• 印刷する

日建シビル、HCM市カンゾー開発の計画案

ベトナム・ホーチミン市がこのほど実施した同市カンゾー郡開発計画アイデア国際コンペで、日建設計シビルのアイデアが最高点の評価を受けた。このアイデアに基づいて従来の計画が見直されることになる。5日付VNエクスプレスなどが報じた。

北西から南東に伸びる細長いホーチミン市で、カンゾー郡は中心部から約50キロメートルの南東部先端に位置する。面積は704平方キロメートルで、市全体の3分の1余りを占める。日建設計は、3つの機能地区を設けるよう提案している。

ニャーベー郡のヒエップフオック工業団地に近いビンカイン村を「衛星都市」と位置付け、エキスポシティーとして開発する。「リビングミュージアム地区、生物圏保護地区」では、マングローブ林をエコツーリズムの資源として保存し、都市開発を制限する。「エコリゾート都市地区」では、環境リゾート都市の形成を目指す。

人口規模は、以前の計画の倍の60万人を想定。対岸のニャーベー郡とカンゾー橋で結ぶ計画に代えて、公共交通システムを都市区まで伸ばす案を提示している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】イオンモール、DX推進へ 回復目前に2波、年内新店は維持(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

感染16人増の863人、ダナンで社会隔離延長(08/12)

7月の自動車販売、13%減の2万4000台(08/12)

トヨタ、7月の販売28%減の5307台(08/12)

ホンダ、7月の二輪販売6%減の19.6万台(08/12)

物流不動産LOGOS、越に4億ドル投資(08/12)

道路維持費、年末まで輸送業者に減額(08/12)

ベトナム航空、70年代生まれの新会長就任(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン