• 印刷する

《日系進出》インサー、地場社とECで提携

スマートフォン向けフィンテック(ITを活用した金融サービス)サービスを提供するインサー(東京都目黒区)は6日、スマホ関連商品の販売事業を手掛けるシンガポール企業モビー(Moby)グループと、SIMフリーのスマホを中心とした通信機器を販売する電子商取引(EC)事業で業務提携したと発表した。アジア太平洋地域でスマホ関連商品のEC市場が今後拡大する見込みであることから、需要取り込みを狙う。

来春からシンガポールを中心にアジア太平洋地域でEC事業を順次開始する。

インサーは来年1月、シンガポールに現地法人インサーSGを設立する予定。モビーとの共同事業は、インサーSGを運営主体として展開する。

インサーSGが企画・運営するECサイトで、モビーが調達したSIMフリーのスマホをはじめとする通信機器や、イヤホンなどのアクセサリー商品を販売する。インサーの広報担当者によると、まずシンガポールで販売を開始し、その後フィリピンやオーストラリアなどでも展開する計画だ。

ECの決済機能は、決済処理・ネットワークの米ストライプが提供するオンラインクレジット決済サービス「ストライプ」を採用。これにより、米ビザやマスターカード、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーカード、JCB、ダイナースのクレジットカードで決済できるようにする。

インサーは、日本国内外の市場向けにスマホやアクセサリー販売のほか、デジタルコンテンツ・サービスを提供するプラットフォーム事業でインサーSGと連携する。新規展開するECサイト名や同事業の詳細は今後発表する予定だ。

同担当者は、「アジア太平洋地域のスマホ関連商品のEC市場は今後より拡大する」との見通しを示した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(08/05)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(08/05)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン