• 印刷する

テイクオフ:マレー語とインドネシア…

マレー語とインドネシア語は似ている。妻がインドネシア人なので自分も同国の言葉が多少分かるため、当地でのコミュニケーションにはもっぱらインドネシア語を使っている。

とはいえ、インドネシアでは聞き慣れない単語も頻繁に出てくる。マレーシアの旧宗主国が英国だった一方、インドネシアはオランダだったため、アルファベットの発音も違う。こちらの理解度は6割ほどだろうか。ただ店員と話していると、たまに「インドネシア語そのもの」にも出くわす。

レストランにインドネシアからの出稼ぎの人がいる場合、言葉ですぐ分かる。街に出ると通りがかりの人の会話から、妻は即座に「ジャカルタから来た人だ」などと言い当てるが、自分には分からない。自分のインドネシア語は妻の出身地バリ島の方言が強いと言われるが、他人の方言から出身地が分かるまでの道のりは遠い。(谷)


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン