• 印刷する

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動

海洋汚染防止に取り組む国際的な投資会社サーキュレート・キャピタルは、海洋プラスチックごみ削減に特化したファンド「サーキュレート・キャピタル・オーシャン・ファンド(CCOF)」をシンガポールで創設する。2020年初めに始動する。

CCOFは1億600万米ドル(約115億円)規模のファンド。南・南西アジアで海洋プラスチックごみ削減に取り組む新興、中小の廃棄物処理会社、リサイクル企業などに投資する。

ペプシコ、プロクター・アンド・ギャンブル、ダウ、ダノン、ユニリーバ、コカコーラといった有力企業が出資している。200件以上の投資を検討中で、数週間以内に最初の投資案件を決める予定だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

台湾経済、今年ゼロ成長=DBSが上方修正(12:14)

QRコードで納税可能に、徴税額8割カバー(15:56)

衣料レンタルの新興企業、経営難でリストラ(14:53)

アジアデジタル金融研究所、年内にも開校(14:35)

共同キッチン巡る調査、市場健全化で終了(14:33)

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン