• 印刷する

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動

海洋汚染防止に取り組む国際的な投資会社サーキュレート・キャピタルは、海洋プラスチックごみ削減に特化したファンド「サーキュレート・キャピタル・オーシャン・ファンド(CCOF)」をシンガポールで創設する。2020年初めに始動する。

CCOFは1億600万米ドル(約115億円)規模のファンド。南・南西アジアで海洋プラスチックごみ削減に取り組む新興、中小の廃棄物処理会社、リサイクル企業などに投資する。

ペプシコ、プロクター・アンド・ギャンブル、ダウ、ダノン、ユニリーバ、コカコーラといった有力企業が出資している。200件以上の投資を検討中で、数週間以内に最初の投資案件を決める予定だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本からシンガポールに…(01/23)

独化学大手が農薬工場設置へ 37億円投資、ア太シェア2倍狙う(01/23)

国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携(01/23)

NZ・チリとのデジタル貿易協定、交渉妥結(01/23)

キャピタランド、傘下の不動産投信を統合(01/23)

情報通信庁、AIガバナンスで新施策導入(01/23)

配車グラブ、ポイント特典制度を縮小(01/23)

南洋理工大と米HP、デジタル製造研究所開所(01/23)

シンガポールとトルコ製鉄筋に不当廉売判定(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン