• 印刷する

輸送PKTと財務省、タイ国境に物流拠点

マレーシアの運送会社PKTロジスティクスは、財務省と提携し、タイ国境に近いクダ州ブキカユヒタムの「コタプルダナ特別国境経済区(SBEZ)」にトラックの輸送基地と内陸保税蔵置場(ICD)を整備する。事業費は2億リンギ(約52億円)。4日付スターなどが伝えた。

PKTの完全子会社ワン・ノーザン・ハブと、財務省の傘下企業ノーザン・ゲートウエーの完全子会社ノーザン・ゲートウエー・ロジスティック・センターが3日、合弁会社ブキカユヒタムICDを設立することで合意した。合弁会社の出資比率はPKTが60%、ノーザン・ゲートウエーが40%。面積20.2ヘクタールの区画にICDなどを整備する。

PKTのジャリア・ババ会長によると、3段階に分けて整備を進める方針で、来年初めに建設を開始し、2022年の完工を目指す。完成後のコンテナ年間処理能力は20万個で、入国管理や税関、検疫などの手続きも可能な統合的な物流拠点になる見通しだ。

リム・グアンエン財務相は、同ICDの設置により、タイとの国境貿易がさらに拡大すると指摘した。タイとの昨年の貿易額は1,054億リンギで、約7割はブキカユヒタムとタイ南部ソンクラー県サダオの国境など陸路を経由しているという。

両国は9月、同国境で試験的に行っている24時間体制での通関手続きを来年6月まで延長することを決定していた。

一方、ノーザン・ゲートウエーのラズウィン・スライリー最高執行責任者(COO)は、コタプルダナSBEZに至る鉄道を敷設する考えを明らかにした。来年初頭にも事業化調査に乗り出す予定という。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

関税局と企業の直接対話、1月から毎週実施(01:35)

ペトロナス株取得、サラワク州が検討姿勢(15:45)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン