• 印刷する

トヨタ新車販売、11月は単月最高の15万台

トヨタ自動車の中国法人、豊田汽車(中国)投資は4日、中国(香港とマカオを含む。以下同)における11月の新車販売台数が前年同月比11.4%増の15万2,200台だったと発表した。前月のマイナス成長からプラス成長に転じただけでなく、同社によれば、単月で過去最高の販売台数を記録した。高級車ブランドの「レクサス」、中国第一汽車集団との合弁の一汽豊田汽車(一汽トヨタ)の主力セダン「カローラ」の新型モデルや新型セダン「アバロン(亜洲竜)」、広州汽車集団との合弁の広汽豊田汽車(広汽トヨタ)のセダン「レビン(雷凌)」「カムリ(凱美瑞)」などの販売が好調だったことが寄与したという。

チャンネル別では、一汽トヨタが12.0%増の6万9,300台。広汽トヨタが9.6%増の6万900台だった。またレクサスは16.5%増の1万9,300台を売り上げた。

1~11月の累計新車販売台数は、前年同期比7.6%増の146万5,300台。このうち一汽トヨタは横ばいの65万8,100台、広汽トヨタは13.3%増の60万1,800台、レクサスは21.0%増の18万200台だった。

トヨタは今年、中国での販売目標を160万台に設定している。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

南部の白身魚、アジア出荷増 越産「万能ナマズ」の出世(上)(02/18)

税関総署が企業の貿易支援策 中小に重点、設備輸入を迅速化(02/18)

電子業、近く供給網断裂か 新型肺炎で、受注減などに懸念(02/18)

新型肺炎、観光業や製造業に幅広く打撃(02/18)

西部の道路整備事業、中国の融資で推進(02/18)

広東工場の本格稼働見通せず 香港企業、受注取り消しに懸念(02/18)

3月の全人代延期へ、新型肺炎対応で(02/18)

中国長城汽車、GMのラヨーン工場を買収へ(02/18)

肺炎影響で中国系縫製工場閉鎖、千人が失職(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン