航空燃油の独占解消も視野 運賃高止まりで政府が介入

インドネシア政府が、航空燃料価格の引き下げに向けて対策に乗り出した。国内では現在、国営石油プルタミナだけが航空燃油の供給事業を手掛けているが、独占状態の解消を視野に入れる。新規参入会社に事業機会を与え、複数企業による競争を促すことで燃油価格の低下につなげる。航…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(07:40)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン