• 印刷する

《日系進出》三菱重工がヤンゴンに現地事務所

三菱重工業のシンガポール現地法人、三菱重工アジア・パシフィックは2日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設したと発表した。この先の事業拡大に向け、有望市場の情報収集や顧客との案件形成などを進める。

ミャンマーでの事務所開設により、アジア太平洋地域での事業ネットワークを強化する。東南アジア諸国連合(ASEAN)での進出国は、タイ、シンガポール、マレーシアを含め8カ国になった。

同社広報グループによると、ミャンマーでは特に、頻発する停電に対応するための非常用発電設備やフォークリフトなどの輸送機器、商業施設用の冷蔵設備などの需要増を見込む。また、発電所向けに火力発電設備などの販路も拡大したい考えだ。

ヤンゴン駐在員事務所の柴田健所長は声明で「急速に成長するミャンマーでの投資機会に参加できることを期待している」と述べている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏が棄却要求、ロヒンギャ国際法廷(20:07)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(15:46)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

ICJ、来年にも仮処分=ロヒンギャ迫害で(12/13)

EU関税優遇の撤廃に現実味=商議所会頭(12/13)

米財務省、制裁強化で国軍幹部の資産を凍結(12/13)

国連の「人間開発指数」、中位国に上昇(12/13)

企業統治原則、20年の公布目指す(12/13)

観光客の立入禁止区域を拡大、地雷事故受け(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン