• 印刷する

パイオニア、ガラス工場増強に1億ペソ投資

フィリピンのフロートガラス製造業者、パイオニア・フロートガラス・マニュファクチャリング(PFGMI)は3日、1億ペソ(約2億1,200円)を投じてコーティングガラスの生産ラインを増強すると明らかにした。安価な輸入ガラスの流入リスクが高まっていることから、製品の幅を広げて多様化する消費者のニーズに対応する。マニラスタンダードが4日伝えた。

産業向けや住宅向けなど幅広い製品を生産するため、新たな設備を導入する。ポール・ゴー社長は「消費者の選択肢が増えるほか、価格競争力も高まる」と述べた。

PFGMIはフィリピンでコーティングガラスを製造する唯一の企業。工場の生産能力は1日当たり550トンに上る。稼働率が約40%にとどまっていることから、製品群を広げて生産設備の活用を強化する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(19:02)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

外資規制リストの改定、コロナ対応で遅れ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン