• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕豪NZ生徒の学力低下、数学が顕著

オーストラリアの生徒の学力が、「数学」「読解」「科学」の3項目ですべて過去最低を記録したことが、昨年行われた経済開発協力機構(OECD)の学習到達度調査(PISA)の結果で分かった。特に数学の学力低下が顕著に表れ、PISAが開始されてから初めてOECD加盟国の平均学力より低い結果となった。ニュージーランド(NZ)は3項目とも学力が低下、OECD加盟国の平均値と同等にとどまった。

世界の15歳(9年生)の生徒を対象に実施されたPISAの結果によると、OECD加盟79カ国・地域内でオーストラリアは、読解が16位、科学が17位、数学が29位だった。オーストラリアより学力が高かったOECD加盟先進国は、米国や日本、英国、ドイツ、フランスなどだ。

PISAを受けたオーストラリアの学生らは、3項目すべてで2位だったシンガポールに比べて、数学は3年、科学は1年9カ月、読解は1年3カ月遅れていることが分かった。

また2000年初頭にPISAを受けた15歳の学生に比べて、約1年学力が遅れている。3項目で最も学力低下が顕著だった数学は、国内全州で低下が見られた。特に顕著だったのが、南オーストラリア州とニューサウスウェールズ州、タスマニア州、西オーストラリア州、首都圏特別区(ACT)だった。

PISAの全国プロジェクトマネジャーのスー・トンプソン氏は、「国内の生徒の学力は2000年以来、3項目すべてで低下し続けている。いまだに改善が見られていない」と、政府の教育政策への投資が足りないと非難した。

■NZ、順位上がるも学力低下

NZの結果は、読解が12位、科学が12位、数学が27位だった。世界ランキングの順位が昨年に比べて上がったが、3項目の学力は落ちている。特に貧富の格差により学力に差が生じた。政府は、先住民マオリや太平洋島しょ部出身の学生らが、自分のルーツに自信を持てるようにすることが大事とした。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:帰宅後、携帯電話がない…(07/10)

豪日首脳が会談、防衛連携強化 中国を警戒、宇宙関連での協力も(07/10)

日立傘下の送電網企、脱炭素経済の実現へ(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

JAL、10月1日まで豪州路線の運休延長(07/10)

QLD、負債向け基金でヴァージン株取得か(07/10)

空飛ぶ自動車、NSW州内陸部で試験へ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン