米中摩擦、電子も東南ア移転 制裁第4弾で供給網再編に拍車

米国の中国に対する制裁関税「第4弾」が今月15日に全て発動し、東南アジアなどへの製造業の移転に拍車がかかる見込みだ。ノートパソコンやスマートフォンをはじめとする電子産業も含まれ、サプライチェーン(供給網)再編の契機となる。ただ、一つの国を「世界の工場」を担ってき…

関連国・地域: 中国台湾韓国タイベトナムマレーシアインドネシアインド日本ASEAN米国
関連業種: 電機繊維その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アが相次ぎコメ輸出規制 コロナで自国分確保、タイは卵も(04/06)

在宅勤務の給与カット難しく 労働省、給与と雇用の調整に見解(04/06)

新型コロナ感染者240人、前日から増加なし(04/06)

自動車各社の製販停止、ホンダ二輪工場も(04/06)

オンライン配車サービス、バイクも一部停止(04/06)

HCM市のマンション価格、1Qは15%下落(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

HCM市、不急の建設工事に停止要請(04/06)

オーストラリア、ベトナム製鋼管にAD調査(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン