• 印刷する

セントラル、ゼン百貨店を11日に新装開店

「セントラル@セントラル・ワールド」の外観イメージ(セントラル・グループ提供)

「セントラル@セントラル・ワールド」の外観イメージ(セントラル・グループ提供)

タイ流通大手セントラル・グループは3日、首都バンコク中心部の商業施設「セントラル・ワールド」に併設する「ゼン百貨店」を新装オープンすると発表した。10億バーツ(約36億円)を投じて改装工事を進めており、今月11日にグランドオープンする。

改装後は「ゼン@セントラル・ワールド」から「セントラル@セントラル・ワールド」にブランドを変更する。7階建てで3,000余りのブランドの商品を取り扱い、改装後は売上高が20%増加すると見込んでいる。ファッションフロアには、総額2,000万バーツを投じてフランスから輸入したマネキンを設置した。

来店客はタイ人が6割、外国人が4割となる見通し。現在の外国人来店客を国・地域別にみると、中国が最も多く、カンボジア、シンガポール、中東、香港の順で続くという。

新装オープンを記念し、今月3日から来年3月1日までの3カ月にわたり、セールや同グループの会員カード「ザ・ワン」の加入者を対象にした特典キャンペーンなどプロモーションを展開する。今月11日から22日はグランドオープン期間とし、一部商品の15~30%割引や、ザ・ワンやシティ、マスターカードのクレジットカード加入者を対象にした特典キャンペーンなどを実施する。

セントラル・グループは、今回の改装をモデルケースとし、向こう3~5年で100億バーツ余りを投じて、傘下の百貨店23店のうち20店を改装する計画を発表している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのタマサート大…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

来年に1米ドル29.25バーツ予測=アユタヤ銀(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

13日為替:$1=30.208(↓)(12/16)

トランスコスモス、化粧品「江原道」販売(12/16)

11月の新規バイク登録、6.9%減の13.6万台(12/16)

豪ホンダ、全車で次世代からHV導入(12/16)

中華電信、タイCATとスマート都市推進(12/16)

地域別の新規バイク登録台数(19年11月)(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン