• 印刷する

セントラル、ゼン百貨店を11日に新装開店

「セントラル@セントラル・ワールド」の外観イメージ(セントラル・グループ提供)

「セントラル@セントラル・ワールド」の外観イメージ(セントラル・グループ提供)

タイ流通大手セントラル・グループは3日、首都バンコク中心部の商業施設「セントラル・ワールド」に併設する「ゼン百貨店」を新装オープンすると発表した。10億バーツ(約36億円)を投じて改装工事を進めており、今月11日にグランドオープンする。

改装後は「ゼン@セントラル・ワールド」から「セントラル@セントラル・ワールド」にブランドを変更する。7階建てで3,000余りのブランドの商品を取り扱い、改装後は売上高が20%増加すると見込んでいる。ファッションフロアには、総額2,000万バーツを投じてフランスから輸入したマネキンを設置した。

来店客はタイ人が6割、外国人が4割となる見通し。現在の外国人来店客を国・地域別にみると、中国が最も多く、カンボジア、シンガポール、中東、香港の順で続くという。

新装オープンを記念し、今月3日から来年3月1日までの3カ月にわたり、セールや同グループの会員カード「ザ・ワン」の加入者を対象にした特典キャンペーンなどプロモーションを展開する。今月11日から22日はグランドオープン期間とし、一部商品の15~30%割引や、ザ・ワンやシティ、マスターカードのクレジットカード加入者を対象にした特典キャンペーンなどを実施する。

セントラル・グループは、今回の改装をモデルケースとし、向こう3~5年で100億バーツ余りを投じて、傘下の百貨店23店のうち20店を改装する計画を発表している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン