• 印刷する

PXPのガス田運営提案、エネ省が却下

フィリピンのエネルギー省は2日、石油・ガス採掘大手PXPエナジー(旧フィレックス・ペトロリアム)がパラワン島沖のマランパヤガス田の運営を引き継ぐという提案を却下したことを明らかにした。3日付マニラタイムズなどが伝えた。

マランパヤガス田は、英蘭系石油大手シェル・フィリピン・エクスプロレーション(SPEX)、米系シェブロン・マランパヤ、国家石油公社エクスプロレーション(PNOC―EC)の3社によるコンソーシアムが運営権を保有している。権益保有比率はSPEXとシェブロン・マランパヤが各45%、PNOC―ECが10%で、運営契約は2024年に期限を迎える。

PXPは先月、エネ省に対し、現行の運営契約の満了後にマランパヤガス田の運営を引き継ぎ、既存インフラや物流ネットワークを活用して、同ガス田や傘下のフォーラム・エナジーが運営権を持つサンパギタガス田などの開発を推進する案を提示。シェブロン・マランバヤからマランパヤガス田の権益を取得する可能性も示唆していた。

エネ省のレオニド・プリド次官補によると、既に運営契約を締結済みのガス田については、既存事業者以外に運営権を与えることはできない規則がある。このため、PXPの提案は却下せざるを得ないという。

シェブロン・マランパヤを巡っては、実業家デニス・ウイ氏が率いるウデンナ・コープが11月に同社の全株式を取得すると発表した。ただ規制当局による承認が必要なことなどから、取引はまだ完了していない。


関連国・地域: フィリピン米国欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

政府、19年成長率6.0~6.5%に下方修正(12/13)

中銀が政策金利据え置き、2会合連続(12/13)

20年度予算案が両院委通過、年内成立へ(12/13)

東京製綱、駐在員事務所を設立(12/13)

全日空、日本人学校生徒に航空教室開催(12/13)

水道2社が契約見直し提案、政府が精査へ(12/13)

カリワダム建設、予備作業に着手(12/13)

ロッテ七星飲料、ペプシ現法にTOB(12/13)

ユニオン銀、AI導入でシンガ金融庁と提携(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン