• 印刷する

テイクオフ:「入社資格」は職がない…

「入社資格」は職がないこと、それだけです――。無職の2人が立ち上げた韓国非営利法人「ニートカンパニー」は、就職活動をする人たちを集めて、情報交換するコミュニティーの場だ。契約職として入社する社員への給与はゼロ。社内での交流を通じて生きる意志を示すことを対価としている。社員が退社する際は、本当の就職先が見つかったことを意味する。

韓国では無職者に対する見る目が厳しい。職がないというだけでネガティブなイメージがついて回り、次第に社会から取り残されていく。ニートカンパニーでは、山登りなどのレジャー活動を積極的に行いメンタルケアを施しつつ、社会貢献活動を通じて無職者への偏見の根絶を目指している。

社会の偏見は引きこもりを増やす大きな要因になっている。暖かく見守る姿勢で無職者を陰ながら応援したい。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

新型コロナ感染者、20日ぶり100人超(08/14)

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

新型コロナ感染者、2日連続で50人超(08/14)

サムスン、EUVシステムLSIに3D適用(08/14)

有機ELの省電力技術、サムスンDが開発(08/14)

LGD、小米に透明有機ELパネル供給(08/14)

LG電子、超大型マイクロLED看板を公開(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン