• 印刷する

トルコから玉ネギ1万トン、国営社が輸入契約

インドの国営商社MMTCがトルコからのタマネギ1万1,000トンの輸入に動いていることが、消息筋の話で分かった。既に契約済みで、引き渡しは来年1月の見通しだという。PTI通信が1日に伝えた。

インドでは雨期の到来の遅れとその後の豪雨による被害でタマネギの価格が高止まりしている。国内市場への供給拡大と価格上昇の抑制を目的に、政府は11月にタマネギ12万トンの輸入を承認していた。MMTCは政府に代わってタマネギを輸入しており、発注を出すのは今回が2度目。1度目の発注先はエジプトで、輸入量は6,090トン。こちらは、12月半ばに引き渡される見通しだ。

消費者問題省によると、国内の主要都市のタマネギの平均価格は11月30日時点で1キログラム当たり75ルピー(約114円)だった。最高値は連邦直轄地アンダマン・ニコバル諸島のマヤブンデルの同120ルピー。


関連国・地域: インド中東
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジアインタビュー】日立、中国の昇降機事業を深化 保全サービス注力、工場を一層活用(17:51)

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン