• 印刷する

改定FTAが発効、中国とパキスタン

中国商務省は1日、パキスタンとの改定自由貿易協定(FTA)が同日発効したと発表した。物品貿易の自由化水準を大幅に引き上げ、相互にゼロ関税となる品目数は全体の35%から75%に拡大する。

このほか原産地規則や貿易救済、投資などの内容に関するアップグレードと改定が行われ、新たに税関協力の分野も協定に加えた。中国商務省は「両国の通商協力がさらに深まる」と評価し、習近平政権が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の推進にも寄与するとの認識を示した。

両国のFTAは2007年7月に発効。11年3月から第2段階交渉を開始し、今年4月に改定FTAを締結していた。


関連国・地域: 中国-全国パキスタン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~10月のサービス貿易、2.6%増の4.4兆元(12/06)

国務院が雇用優先政策を強化 「民生の根本」、失業増加を警戒(12/06)

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

ベンツ、タイでPHV用バッテリー生産開始(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

「米は関税の機銃掃射」、外務省が批判(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン