• 印刷する

クラウドファンディング浸透へ、サイト開設

クラウドファンディングサイトの発表会で、ミャンマーのアイドルグループをつくる構想について話すテイン・ダンさん=11月30日、ヤンゴン(NNA)

クラウドファンディングサイトの発表会で、ミャンマーのアイドルグループをつくる構想について話すテイン・ダンさん=11月30日、ヤンゴン(NNA)

ミャンマーでクラウドファンディングを広げようとする動きが出てきている。日系オフショア開発会社が、ミャンマー語、日本語、英語に対応した専用サイトを開設した。11月30日に最大都市ヤンゴンで発表会があり、日本とミャンマー両国の4人が社会を良くするための自らの挑戦に協力を呼び掛けた。

ヤンゴンでオフショア開発会社「アルトベンリ(Aluto Benli)」を経営する神吉貴浩さんがクラウドファンディングサイト「ス・ジー・ヤー(ミャンマー語で「集まる場所」の意味)」を立ち上げた。社会に貢献する活動をしたいと考えている人がサイト上で自身の活動を紹介。会員になった人がそれらの活動に資金協力できる。資金はクレジットカード決済で集め、今後はモバイル決済サービスの活用を視野に入れる。

■ミャンマーからアイドルを

発表会では、日本の芸能界でも勤務経験のあるテイン・ダンさんがミャンマー人のアイドルグループをつくる構想を発表。ヤンゴン外国語大学に在籍するラ・ミンさんは、日本に関心を持つ学生が企業訪問や文化を学ぶ活動をより充実させるための支援を呼び掛けた。

神吉さんは「資金がないミャンマー人と、応援したい人をつなげるプラットフォームにしたい」と話す。ミャンマーでは、パゴダ(仏塔)や学校の建設などで信仰心に基づく寄付行為が伝統的に盛んだが、クラウドファンディングの概念を理解する人はまだ少ない。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染確認なし、累計369人=14日朝(08/14)

コロナ規制、一部緩和で8月末まで延長(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

車両登録料を大幅引き下げ、コロナ救済で(08/14)

コロナ基金の追加融資、700社超が申請(08/14)

集会の許可人数、30人までに緩和へ(08/14)

日本から帰国者で初の感染確認、累計369人(08/14)

コロナで6割が投資削減へ=独商工会調査(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン