ヤンゴン水上バス、1日2万6000人が利用

ミャンマー政府系の内陸水路運輸(IWT)が、最大都市ヤンゴン中心部のパンソダンとヤンゴン川を隔てたダラ郡区間で運航している水上バスの利用客が、1日当たり2万6,000人に達することが分かった。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが11月30日伝えた。 パン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

20年のチャット為替相場は安定推移=専門家(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

ゴマ価格上昇で農家は収入増、ザガイン管区(12/16)

ヤンゴン、市内の公園に飲食店設置を計画(12/16)

ヤンゴン、タイムズモールに富裕層映画館(12/16)

ヤンゴンのチミダイン魚市場、移転の方針(12/16)

ラカインでNLD幹部誘拐、AAが犯行声明(12/16)

駐日ミャンマー大使が信任状提出(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン