〔政治スポットライト〕炭素税の復活、有権者の支持65%と高率に

オーストラリアで、温室効果ガスの排出削減を目的とした炭素税の復活を支持する人の割合が65%に上ったことが、ニューサウスウェールズ州大学(UNSW)の調べで分かった。炭素税はギラード労働党政権が2011年に導入していた。当時は産業界の不満が強く、14年にアボット保守連…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪で食品買いだめ沈静化?次は酒類に殺到(17:20)

リアルタイム情報、豪景気判断の重要指標に(17:20)

ヴァージンが公的支援を要請、政府は却下か(17:20)

テイクオフ:オーストラリアで在宅勤…(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

給与補助、申請既に20万件 600万人が恩恵か(04/01)

豪労働市場、IT・医療・財務で需要拡大(04/01)

バニングス閉鎖の危機、マイヤー契約違反も(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン