• 印刷する

非住宅建設、来年もブーム継続予想

オーストラリアの建設業界では、住宅やインフラ建設が落ち込む中、オフィスビルや倉庫などの商業施設建設のブームが来年も続く見通しだ。ただ、2016年に始まった非住宅分野の建設ブームは来年までで、それ以降は減速が予想されている。27日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

建設業界専門の調査会社マクロモニターの見通し報告書によれば、オフィスビルや倉庫、学校、病院、ホテル・レジャー施設といった非住宅分野の建設事業への投資額は、来年6月までの1年間に最大473億豪ドル(約3兆5,027億円)となり、前年の433億豪ドルを上回る見通し。シドニーとメルボルンを中心に、クイーンズランド州や西オーストラリア州、南オーストラリア州、タスマニア州にもブームが拡大すると予想された。

同社のハッチャー部長は、「建設業界は過去3~4年間、住宅ブームと非住宅部門の伸び、輸送インフラ投資、再生可能エネルギー分野での建設事業という4つの柱で支えられてきたが、住宅建設が急減し、再生可能エネルギー分野の建設事業も落ち込みが見込まれるほか、インフラ投資も予想以上に減速している」と述べ、非住宅分野が来年も好調を維持することは業界にとって朗報だと話した。

ただ、非住宅分野の建設プロジェクトが完了して新たなオフィスビルや倉庫への入居が進めば、経済成長が伸び悩むとの見通しも相まって、非住宅分野の建設ブームは来年以降、終息するとみられている。印紙税収入などの政府の歳入が減少すれば、医療・教育関連施設、刑務所や消防署、裁判所といった社会インフラへの支出が抑制され、再来年からの3年間に同分野への支出は約14%落ち込むと予想されている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の友人と思い出話…(12/12)

豪大手企、気候変動対策必須か 証券投資委が計画(12/12)

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的(12/12)

NSW州水規制、ガーデニング小売りに打撃(12/12)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部州の山火事、120年間で最悪規模(12/12)

利回り最低のダメ退職年金を公表=監督庁(12/12)

豪競争委、金融機関のカルテル裁判で窮地に(12/12)

新システム導入の医療保険、苦情が倍増(12/12)

ライナス、マレー工場をWA州に移設(12/12)

石油精製ビバ、小売事業低迷で41%減益に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン