• 印刷する

日企ソフォラ、豪SEO企の日本進出支援

コンサルティング企業ソフォラ(長野県長野市)が、オーストラリアの検索エンジン最適化(SEO)関連スタートアップ、ロングテールUXと業務提携し、同社の日本市場進出を支援することが分かった。既に、リクルートホールディングスの傘下のリクルートスタッフィングと、日本の旅行予約サイトが同社のSEOサービスの利用に合意しているという。26日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

ロングテールUXは、SaaS(クラウド上で必要なソフトウエアを提供するサービス)事業者として7年前にシドニーで創業した。

SEOを行うことで、企業は自社のウェブサイトや製品ページを検索結果の上位に表示させることが可能になる。オーストラリアでは、酒類販売店ダン・マーフィーやオンライン化粧品販売大手アドア・ビューティー、オンライン販売コーガン・ドットコム(Kogan.com)などが同社のサービスを使用している。

今回の提携で、ソフォラは日本市場開拓と販売を担い、ロングテールUXは受注後のシステム導入を行う。

元々同社は、SEOは日本語と英語の言語的な差により機能が大幅に異なることや、オーストラリアや北米などでの事業運営方法が日本では全く通じないことから、日本進出には消極的だったという。

ロングテールUXのDzumla最高経営責任者(CEO)は「ソフォラは大企業の経営者に対してトップダウン型の営業を行う。従来の小企業から市場開拓に着手する方法とは異なり、既に大手企業と直接交渉ができている状況だ」と自信を見せている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の友人と思い出話…(12/12)

豪大手企、気候変動対策必須か 証券投資委が計画(12/12)

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的(12/12)

NSW州水規制、ガーデニング小売りに打撃(12/12)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部州の山火事、120年間で最悪規模(12/12)

利回り最低のダメ退職年金を公表=監督庁(12/12)

豪競争委、金融機関のカルテル裁判で窮地に(12/12)

新システム導入の医療保険、苦情が倍増(12/12)

ライナス、マレー工場をWA州に移設(12/12)

石油精製ビバ、小売事業低迷で41%減益に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン