• 印刷する

セブン、25日から一部店舗でレジ袋配布停止

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループの中核企業でコンビニエンスストア「セブン―イレブン」をタイで展開するCPオールは22日、来年1月1日に実施する使い捨てレジ袋の配布停止について、きょう25日から137店舗で先行して始めることを発表した。

22日付ネーションによると、CPオールのスウィット上級副社長は、政府が今月閣議決定した来年1月からのレジ袋削減運動を支持すると述べた。まずは25日から全国から選んだ137店舗でレジ袋の配布停止を先行実施する。一方。温かい食品や水分の多い食品、肉、果物などについては、天然資源・環境省の推奨によりレジ袋を配布する。買い物袋を持参していない人向けに布製の袋も安価で提供するとしている。

CPオールは、9月末時点でタイ国内でセブン―イレブンを1万1,640店舗運営。2021年までに1万3,000店舗体制とすることを目指している。CPオールの19年第3四半期(7~9月)の業績は、売上高が前年同期比8.2%増の1,411億バーツ(約5,075億円)、純利益が8.3%増の56億バーツ。1~9月期の業績は、売上高が前年同期比9.1%増の4,232億バーツ、純利益が5.2%増の162億バーツだった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:素焼きと伝統菓子で知ら…(08/13)

投資認可額、上半期は17%減 コロナ抑制強みにFDI誘致強化(08/13)

BTS、電動トラムバス開発で国立大と協力(08/13)

建設CNT、再生エネ事業の会社新設へ(08/13)

20年のエネルギー消費、5.3~7.9%減見通し(08/13)

JBIC、トヨタ系金融会社に協調融資(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン