華為の対日効果は7千億円、英機関が報告書

【共同】中国通信機器大手、華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)は21日、同社の企業活動による日本の国内総生産(GDP)への経済効果が、2018年は7,660億円になったと発表した。英研究機関「オックスフォード・エコノミクス」が調査報告書をまとめた。 報告書では、直接的…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

国務院が雇用優先政策を強化 「民生の根本」、失業増加を警戒(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

ベンツ、タイでPHV用バッテリー生産開始(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

「米は関税の機銃掃射」、外務省が批判(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン