華為の対日効果は7千億円、英機関が報告書

【共同】中国通信機器大手、華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)は21日、同社の企業活動による日本の国内総生産(GDP)への経済効果が、2018年は7,660億円になったと発表した。英研究機関「オックスフォード・エコノミクス」が調査報告書をまとめた。 報告書では、直接的…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者3人増、北京は1人(17:45)

テイクオフ:上海は梅雨の真っ盛り。…(07/02)

スマホゲーム市場が拡大 今年20億米ドルか、中国が存在感(07/02)

株式市場、コロナ禍でも健闘 上半期、新興市場は大幅上昇(07/02)

車載用コイルの生産倍増へ サガミエレク、来年に第2工場(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

「二制度」の根幹揺らぐ、香港安全法の条文(07/02)

シアヌークビルの発電所、22年までに完成へ(07/02)

財新製造業PMI、6月は51.2に上昇(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン