10月消費者物価は1.1%上昇 前月から横ばい、燃料補助が抑制

マレーシア統計局が20日発表した2019年10月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は122.0となり、前年同月比で1.1%上昇した。上昇率は地場格付け会社RAMレーティングスの事前予測(0.9%)を上回ったものの、前月から横ばい。主要12項目のうち、「酒類・たばこ」と「雑貨・サ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機食品・飲料医療・医薬品建設・不動産運輸IT・通信電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(13:04)

ソーシャルメディアで新製品知る、消費者6割(13:25)

テイクオフ:圧倒的クルマ社会の当地…(12/12)

発電用パーム油を日本へ輸出 来年から年30万トン、3社が覚書(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

空飛ぶクルマ開発計画を凍結、エアロダイン(12/12)

ブックオフ、28日に5号店開業(12/12)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(11日)(12/12)

車検プスパコム、来年から道路税の支払受付(12/12)

ペトロナス株式、政府が産油州への売却検討(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン