• 印刷する

スターバックス手話店舗、ペナンにも開業

米コーヒーチェーン大手スターバックスはこのほど、聴覚障害者を従業員として積極採用した店舗の国内2号店をペナン州で開業した。ニュー・ストレーツ・タイムズが20日伝えた。

同店舗では、地元ペナン州出身で手話が堪能な7人の聴覚障害者を採用し、一般スタッフの補助を受けながら勤務している。コーヒーの知識やバリスタとしての技能を高めるためのプログラムも提供し、聴覚に障害を持つスタッフのキャリア形成も支援するという。

開業式典に出席したチョー・コンヨー・ペナン州首相は「スターバックスの取り組みは、聴覚障害者の採用を拡大させるだろう」と述べた。

同様の店舗はクアラルンプールのほか、海外では中国、米国にもある。ペナン店は世界で4店舗目。クアラルンプールの商業施設「バンサー・ビレッジ2」の1号店は、3年前に開業した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

ペナン州が工業団地拡張、来年に造成開始(13:53)

スバン市スマート化、テレコムが5Gデモ(17:24)

電力設備ペステック、比で変電所工事を受注(17:24)

テイクオフ:お世辞にも手続きが迅速…(12/16)

プロトン、SUVの生産開始 12億リンギで吉利車用に工場拡張(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

国家自動車政策の発表は来年初頭に、貿産相(12/16)

食品卸の加藤産業、マ同業買収(12/16)

トランスコスモス、化粧品「江原道」販売(12/16)

RHB損保売却、東京海上との交渉打ち切り(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン