• 印刷する

グラブ、買い物配達サービスを試験運用

東南アジアの配車最大手グラブは18日、マレーシアの首都圏クランバレーで、日用品の買い物配達サービス「グラブマート」の試験運用を始めた。スター(電子版)が同日伝えた。

同社によると、配達の対象はスーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストア、花屋など。既に香港系薬局チェーン「ガーディアン」、同地場「ケアリング・ファーマシー」、コンビニチェーン「マイニュース・ドットコム」、書店「MPHブックストア」などが登録している。

当面利用できる店舗の所在地は、スランゴール州ダマンサラアップタウン、バンダルウタマ、クアラルンプールのタマントゥンドクターイスマイル(TTDI)、モントキアラ、ハタマスなどに限られる。

配達料は5~9リンギ(約130~235円)の範囲で、距離により異なる。決済には同社提供の電子決済サービス「グラブペイ」が使える。

同社の広報担当者によると、配達時間は地域や店舗による。配達は小包・書類宅配「グラブエクスプレス」や料理宅配「グラブフード」の登録ドライバーが担当する。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン