「マレーシアストリート」開設、東京五輪で

マレーシアのモハマド・レズアン起業家育成相は19日、2020年の東京五輪に合わせ、東京で「マレーシアストリート」を開設し、同国産のハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品を売り込む考えを示した。国営ベルナマ通信が伝えた。 2020年度国家予算案の審議で明らかにした。…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者向けウオークイン接種が再開(09/24)

国内観光、来月にも本格再開か 州をまたぐ移動の解禁に期待(09/24)

新規感染1.38万人、累計215.7万人(09/24)

20年の外国人旅行者数、83.5%減の430万人(09/24)

RM1=26.3円、$1=RM4.18(23日)(09/24)

スコミ、オデシと都市型太陽光発電で提携(09/24)

台湾がTPP加入申請、日本産食品禁輸解除も(09/24)

IHH、医療のデジタル化に1億ドル投資(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン