パナが工場に水素ステーション、効果検証

【共同】パナソニックは18日、滋賀県草津市の工場内に新設した水素ステーションを報道陣に公開した。2050年までに事業活動で使う全ての電力を再生可能エネルギーに切り替える目標を掲げており、本格的な導入に向けた課題や効果を検証する。ノウハウを蓄積し、将来的には外部への提…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

Jパワー、豪再生可エネ企に2500万$出資(18:37)

日系が事業強化続々、NECや富士ゼ、NTT(18:37)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/04)

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

ニッコー、コロナ禍中の挑戦 北部ハイフォンでホテル運営開始(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

ココイチが1号店オープン 日本の味提供、外食の回復見据え(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン