米商務省、ファーウェイへの禁輸猶予を延長

米商務省は18日、通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)への輸出禁止措置を巡って、一部の取引について認めていた猶予期間を来年2月16日まで90日間延長すると発表した。猶予期間の延長は2回目となる。 ネットメディアの澎湃新聞などが伝えた。米商務省は今年5…

関連国・地域: 中国-深セン米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中が貿易協議で合意、15日の追加関税見送りへ(10:49)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/14)

積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

5Gスマホが500万台突破、11月出荷数(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン