• 印刷する

テイクオフ:「北京大の父」蔡元培氏…

「北京大の父」蔡元培氏の墓が先週末、香港島南部の霊園で破壊された。台湾メディアによると、犯人は香港に来た中国本土出身者で、本人が中国版ツイッター「微博」で暴露していたが、既に削除された。蔡氏が香港の混乱で称賛の対象として持ち上げられことに異議を唱えたかったらしい。

1919年5月4日、反帝国主義・抗日を掲げた「五四運動」が北京で発生。運動拠点となった北京大の学長だった蔡氏は、自らを人質に逮捕された学生の釈放を求めたとされる。香港では最近、学生らデモ隊と警察の激しい衝突が構内で起きた中文大の学長と比較され、再び脚光を浴びていた。

蔡氏が残した言葉で最も有名なのは「兼容並包」(さまざまな事柄を包括・包容する)。香港には、もともとこの精神を受け入れやすい土壌があったはずだ。今の状況を打開するために、何かヒントは得られないものか。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(16:50)

16人が市中感染、政府「最も深刻な状況」(10:19)

新たに38人感染、うち市中感染は32人(16:48)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

1万$使い道、消費より貯金 政府が給付、経済効果に疑問も(07/10)

域内感染新たに34人、飲食店規制を再強化(07/10)

豪、香港との引渡条約停止=永住権付与へ支援(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン