広東の排出権取引総量、今年は4.7億トン

広東省生態環境庁は13日、同省における2019年の二酸化炭素(CO2)排出権取引の総量を4億6,500万トンに設定したと明らかにした。前年から4,300万トン増加した。同庁の幹部は、総量が拡大したのは新たに割当対象に組み込まれた企業の排出量が比較的多いためと説明した。新華社電…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国業務に復帰して1カ…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

「来港易」は外国人も対象に 本土居住者の隔離免除、長官明言(05/12)

人口14.1億人に増加 20年版国勢調査、高齢化が進行(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

反不正当競争法の執行強化、営業秘密保護で(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

脱貧困県から農産物調達、農村振興へ(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン