広東の排出権取引総量、今年は4.7億トン

広東省生態環境庁は13日、同省における2019年の二酸化炭素(CO2)排出権取引の総量を4億6,500万トンに設定したと明らかにした。前年から4,300万トン増加した。同庁の幹部は、総量が拡大したのは新たに割当対象に組み込まれた企業の排出量が比較的多いためと説明した。新華社電…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

輸入ビールで日本は9位後退、1位は米国(18:19)

新型コロナ感染者37人増、国内症例は30人(18:34)

ヤンロードとGIC、中国の住宅開発で提携(17:14)

輸出が回復、7月は6%減に 製造品は5月に底打ち(08/06)

供給網再編で東南ア増強へ 補助金制度、「脱中国」は限定的(08/06)

テイクオフ:中国で誕生日にケーキを…(08/06)

大湾区主要都市を鉄道で接続 全長5700キロ、域内一体化に弾み(08/06)

半導体企業を減税で優遇、育成を加速(08/06)

太陽光発電事業の落札者、エネ省が近く発表(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン